強力な味方の顧問弁護士

強力な味方の顧問弁護士

顧問弁護士を利用するメリット

会社は個人とは異なり、様々なトラブルに見舞われたり、取引にまつわる様々な契約締結などが多く、必要な時に弁護士に気軽に相談に乗っていただけるような環境が大切です。 そのためには、弁護士と顧問契約を締結することにより、気軽に相談できることになり、会社としては大きなメリットとなります。
顧問契約料は、中小企業であれば、月々5万円程度からですが、大企業になればなるほど、相談の量も増え、相談内容も複雑になることから、中小企業よりも高額になることが多くなります。 顧問弁護士は、一般的な相談業務であれば、顧問料の範囲内で追加料金を請求してくることはありませんが、訴訟や、個別の対応が必要となる場合は、別途料金を請求されることがあります。
なお、弁護士といっても得意分野がありますし、1人では多忙でもありますことから、顧問弁護士事務所は複数の弁護士が所属している事務所のほうが使い勝手が良いと思います。 このように、弁護士と顧問契約を結ぶのはある程度の規模の会社にとってはメリットが大きいことにはなりますが、個人や小企業であれば、スポット対応でも問題ないことになります。

顧問弁護士を雇用するメリットとは

顧問弁護士を会社が雇用するには、当然ですが、顧問料が発生します。 決して安くはない顧問料を払ってまで、会社が顧問弁護士を必要とするメリットは、まず、顧問弁護士への相談等のスケジュール調整がしやすい、という点にあります。 通常、弁護士は弁護士事務所を構え、そこで業務に取り組んでいます。
すると、会社で緊急の法律問題、例えば、訴訟を提起された、と言った場合に、そこから弁護士のアポイントを取り、実際に打ち合わせ・・・等とすると弁護士も業務があるものですから、時間がうまく調整できず、対応が遅れてしまう、ということがあり得ます。
ところが、顧問契約を結んでおけば、弁護士も、会社のスケジュールに合わせて時間調整を行ってくれるため、迅速な対処が可能になります。これが顧問弁護士を雇う非常に大きなメリットと言えます。
また、顧問契約があれば、相談料等の通常、弁護士に対して支払わなければならない料金が安くなることもメリットと言えるでしょう。

注目サイト

最終更新日:2017/4/13