強力な味方の顧問弁護士

強力な味方の顧問弁護士

顧問弁護士の仕事について

顧問弁護士の仕事といってまず、頭に浮かぶのは、会社における訴訟対応でしょう。 顧問先が何らかの訴訟を起こす・起こされた場合に、その訴訟を進行するのが顧問弁護士の仕事、ということになります。具体的には、裁判所に提出する文書を作成したり、尋問における証人へのテストや、想定される相手方からの尋問のトレーニング、といったことになるでしょう。 しかし、日常において訴訟案件というのはそれほど多いわけではありません。 顧問弁護士の仕事の多くは、日常的な契約書のチェックや、法律問題の相談に対応すること、ということになります。 秘密保持契約等、企業の取引には、多くの条項が付きまといます。 その条項が適切であるか、顧問先に著しく不利なものとなっていないか、といったことをチェックするのです。 また、法務部に寄せられた相談、例えば未払いの残業代があると主張している社員がいる、といった場合に、その社員にどう対処すればいいのか、訴訟にどうすればならないで済むのか、といったことを考えるのも大きな仕事です。

顧問弁護士の仕事内容とは

一般的に弁護士という存在は、法律に関連する問題が発生したときに相談をする職業だというイメージがあります。たしかに日常生活において法律に関連するトラブルが発生してしまうことはそれほど頻度の高いものではありません。しかし、一般の人たちとは異なり、自分で事業を経営している人や企業において役員などの職務に就いているような人の場合、取引先との間に法律に関連してく想定外のトラブルに見舞われてしまうことも珍しくはありません。そのような事態に見舞われてしまったときに初めて弁護士へ相談することはたしかに問題の解決につながってはいきますが、実際にトラブルが解決するには時間が掛かってしまうこともあります。 そのため、法律に関連するトラブルが発生してしまわないように、多くの企業では気軽に相談ができる顧問弁護士との契約を行っています。
顧問弁護士の仕事内容はいわば企業における主治医のようなもので、依頼主の仕事の内容を十分に理解をしたうえで的確なアドバイスを依頼主に助言し、トラブルが発生するのを未然に防止するのが主な業務となります。

pickup

2017/4/13 更新